シュガー

記事一覧(21)

戸籍は次女

「キョウダイ」の大切さ年齢が余り離れていない「キョウダイ」は、気づいた時には弟や妹がいて当たり前の日常になっている。ある時から急に「お姉ちゃんなんだから我慢しなさい」「お姉ちゃんなんだからちゃんとしなさい」「○○ちゃんはお姉ちゃんより小さいんだから仕方ないでしょ」そんなセリフばかりが長男、長女でキョウダイのいる方は記憶にありませんか?私は4歳の時に、弟の手を森の中で離してしまってから、そこから長い歳月後悔ばかりが弟にあります。弟は小児ぜんそくで体が弱く、多分性格も「自分が!」という風ではなかったのでしょう。それに引き替え、私自身はあまり記憶にはないのですが「自己主張の塊」だったらしいのです。母はいつも体の弱い弟を膝に乗せ、弟を常にかばっているように幼子ながらとてもそのことを感じておりました。当然、母の膝の上は私のものではなく、いつも弟のものです。ボンヤリと何となく弟を押しやったりしたことと、いつも叱られている私を弟は母親の後ろにへばりついて不安げなまなざしで私を見ていたことが脳裏に焼き付いてます。私は、いつも心の中で呟いていました。「サトシが居なきゃよかったのに!」何度も何度もつぶやきました。ただただ母親を独り占めにしている弟が憎かった。羨ましかった。妬ましかった。喘息の発作で苦しんでいる弟の姿は記憶にありません。そんな日々のある夜の出来事でした。父と母が薄暗い部屋の中で何やら話をしていたようで、その話声で目が覚めました。これから弟をどこかへ連れて行く様子で「どこへ?なんで?」と思いながら寝たふりをして耳を澄ましておりました。弟は行きたくないとグズッている様子でしたが、母か父どちらが言ったのかは定かではありませんが、「いい子にしていたら赤い消防車買ってあげるよ、うんと大きいヤツ!」とその言葉だけがとても印象深く私の耳の奥に残っています。それから、私はまた眠りについてしまったようです。あとから分かったのですが、その日は大みその夜だったそうです。父は国鉄の車掌でしたので、今だから話せる事情ですが貨物列車の一番うしろに連結されている人が乗れる車両で父大きな町の病院へ向かったそうです。そこから私の途切れ途切れの記憶は、元旦の昼下がりの時間になります。母と二人で夏に使うビニールロープのようなもので作られた左右が何段階かに調整がきくサマーベットに横たわり、呑気に人形劇のテレビを見ていた時のことでした。そのテレビの画像は今でも忘れません。透き通るような夢の国で妖精のような羽のついた女の子と人間の男の子が居て、男の子が「さようなら」と言いながら天に昇っていくシーンのまさにその時でした。「お電話が入っています」と知らせのひとがやってきました。当時はまだ、ひと家庭に1台電話機がある時代ではありませんでしたので、電話機のあるところから、多分駅舎からだったのではないかと思いますが「電話が着ている」と呼び出しがあり、母は慌てて電話口へ向かったようでした。そこで、私の記憶はまた途切れます。

いつも肝心なところで・・・

54年間、私がいつも勇気をもって一人で挑もうと思う時に母が私にブレーキをかけるような言動をやらかす。ここは貴女は援護者でしょうと言った場面では「わたしが的」な言動に出る。こちらが援護して欲しいときには「私をあてにしないで」とか言い出す。勘弁してください。貴女に振り回されるのはもうとっくに卒業したいのです。やっと貴女の呪縛から解放されつつあるのに、また引き戻すのですか!?私は私の考えと私のご縁のもと、これからの自分の人生を考えていきたいのです。当然、貴女のことも守らなければならないからこそ、挑むのですよ。どうか、心弱い娘の勇気を折るようなことは止めてください。貴女が勝手に思いめぐらせ心身喪失するのは仕方がないでしょう。本当に勘弁してください。貴女に強いられた幼少期のトラウマを目覚めさせないでください。「あの時は悪かったね」と言われて、貴女を責めることも出来ない娘の気持ちわかる訳もないでしょう。あの時あの言葉はどういう思いで発したのか、確認したくて問いかけたら「私を責めないで!」と逆に私を責める。もう、心穏やかにのんびり過ごしてくれませんか。貴女がどんなに心配しても解決するような問題は、どこにもないのですから。黙って貴女の余生を楽しんでください。楽しめないらなら、せめて我が子の負担になるような言動は止めましょう。きっと私は冷たい娘ですね。でも、私は貴女を尊敬しています。ただ、好きかと聞かれたら「好き」とは答えられない。貴女がむかし他人さまに「子供は親としての義務で育てている」と言っていたように、今は私も子供の義務として最後まで親の面倒は見るつもりです。こんなことを言っている私もきっと自分の子供たちに同じように言われるのでしょうね。私の一生滑稽で浅はかな人生なのかもしれません。

子供の心

ある病院のホールで2歳くらいの子供が母親に向かって「抱っこ!抱っこ!」と泣きさけんでいる。それも、大勢の人が居るまっただ中での長時間。なぜ、子供の願いを叶えてやらないのだろうと悲しくなる光景です。お母さんの体のどこかが悪くて、子供を抱けない状況だったりとしたらせめて「泣き叫ぶ我が子」をしゃがんででも抱きしめることが出来るだろう。しゃがむことすら出来ないのなら、椅子に座って抱きしめることが出来るだろう。なぜ、そうしてあげないのか同じ親として理解に苦しむ。甘やかしてはいけないからと思ってのことなのか、その母親は沢山荷物を持っていたわけでもない。長時間抱きかかえて歩いてきた状況にも見えなかった。子供は小さいなりに「泣く」には理由がある。その理由をチャンと聞いてあげてください。どんな時でも「子供が伝えよう」としていることを聞いてあげられる環境を作ってあげて。小さい時からその環境を確立していれば、子供が成長しても親に色々なことを話してくれるます。子供は自分の想いが通じたら、ちゃんと聞き分けの良い子になってくれます。そうしてあげないで「いつもおまえはそうなんだから!」と良く親が言っています。それはは「面倒くさい、時間がない、忙しい」などよくよく思い起こしてみると親の都合でしかないのです。「小さいときはとてもいい子だったのになんでこうなっちゃったんだろう」と反抗期の子供や大人になってから事件を起こす子の親はそういいます。子供が悪いのではなく親が子供に注いできた「愛情の量」に問題があるのだと言う事です。もちろん「量」も大切ですが、「質と量」のバランスと言う事です。「親の身勝手な子育」てではなく、「子供の身勝手な子育て」を是非してほしいと思います。引きこもっているお子さんをお持ちのお母さん&お父さん、自分はちゃんと愛情を注いできたと思っているのは大間違いですよ。そうじゃないから、子供は引きこもってしまったのですよ。結果がそこにあることをどうか気づいてください。決して、学校に行かないのはその子に原因があるのではないのです。楽しく学校へ行ける環境を作ってあげるために我が子を守るのは親の役目です。お母さん、もっと子供と向き合ってみてください。

同級生との別れ

色々大切な人との別れは人生長く営んでいるとドンドン多くなります。自分が長生きすればするほど見送らなければなりません。胸が張り裂けそうなこの衝動・・・時が経つごとに薄れはします。でも生涯忘れることはありません。胸に焼付いた熱い思いは、先に逝ってしまった友への敬意でもあります。いつか必ず来る自分の順番まで友を想います。同じ時代を損得なく歩んだ歳月。あの世でみんな待っててくれるのだろうかなんて考えることもあります。今回は、私の友ではありませんがとても親しくしている友人の同級生が癌で亡くなりその志半ばの想いがあまりにも強く、亡くなられた方が何度も「悔しい」と語っていた変わり果てた姿を私も他人事のようにテレビで拝見していました。私の友人の悲しみが思わず他人事ではないと、しばらく薄れかけていた想いを呼び覚ましてしまいました。これから先まだまだ生きて行くであろう友人もとても辛い。でも、自分の存在がこの世に亡くなったとき、その事実を胸が張り裂ける想いで悲しんでくれる友が居ると言う事は、それだけで生まれてきた意味が物凄くあると思います。まだまだやりたいことは沢山あったでしょう。志半ばだったでしょう。でも、たくさんたくさん彼方の死を悼み悲しむ人がいます。もう癌と戦わなくてもいい、ゆっくりと休んでください。ご冥福を心よりお祈り申し上げます。。。。合掌

母の日

母から母へとつながって行く、DNAを受け継いで行くとは人間にとって究極の責任でもあり、ご褒美でもあるのではないか。感謝と感動、振り返りと希望、願いと祈り・・・・。昔、母の日や父の日は親を亡くしたものにとっては残酷な日だと感じていたことがある。私は早くに父を亡くしていたからそう思っていたのかもしれません。でも、母の日や父の日はせめてこの日ぐらいは親に感謝する気持ちや生まれてきた自分の意味を問う時間としても良いのではないだろうか。親との関係があまりうまく行っていない親子も沢山いるでしょう。親のせいで自分自身の心の中にしらずしらずに、不足するものと過剰なものが生まれているかもしれません。でも、それを恨みや憎しみに変えてはいけない。親は子を想い、子は親を想う。。。簡単じゃない「想う」相+心=想・・・・相手の立場を考え、自分の心はその次。そうして初めて相手のことを想うことが出来るのではないでしょうか。笑顔は自分も周りも幸せにしてくれる素晴らしい魔法です。そうして「ありがとう」は幸せのエッセンス。昨日、4年前に「母親早く死ね」と言っていた息子から”日曜日に母の日のカーネーションそっちに着くから」とラインが着ました。息子よ!母の日は先週だったぞ!!3年以上音沙汰の無かった息子です。ありがとう。母はお前がひとりぼっちでもちゃんと生きていてくれたことにただただ感謝する日々でした。